2015年3月9日月曜日

シャープの「電力見える化システム JH-RTP1」を導入してみた。

 補助金でブームになったHEMSですが、支給もなくなり今は下火になってきています。そのせいか、ヤフオクの出品も増えて2万ちょい出せば買えるようになりました。

 システムの詳細はこちらをどうぞ。構成品が異なるだけで、基本同じシステムです。(RTP1が標準コンセント15A 3個、20A 1個、200V 1個に対して、RTP2は15A 5個)

 現行機種は「クラウドHEMS」(JH-RTP4JH-RTP5)で、専用のモニタリング端末がなくなり、クラウドに変わっただけです。測定部は同じ製品なので、ソフトウェアバージョンアップでクラウドHEMSにすることが出来ます。

 ただし、バージョンアップすると「瞬時消費電力、瞬時発電量の表示」が利用できなくなるため、自分は行わない予定です。今後のクラウドHEMSの機能upに期待したいところです。