2015年3月2日月曜日

DC-ACインバーター(メルテック SXCD-300)届いた

注文した翌日に早速届いてしまいました。思っていたよりも大きくてビックリ。

ケーブルはバッテリ用とシガーソケット用の2本同梱されています。注意書きによると、シガーソケット用で100W以上を連続して使った場合熱でソケットが融解する場合があるので注意して欲しいとあります。

入力電圧DC12V
出力電圧AC100V
コンセント数1口
定格出力300W(アクセサリーソケット使用時:130W)
最大瞬間出力500W(アクセサリーソケット使用時:150W)
変換効率85%
出力波形正弦波
出力周波数50/60Hz ±0.1
低電圧警報10.7V
低電圧 / 高電圧遮断10V / 15V
出力安定度±3%
待機電流300mA(電源スイッチON時)
動作温度-10℃~30℃(30℃以上低減特性)
仕上アルミヒートシンク付き金属ボディ
ヒューズ15Aガラス管(電源プラグ内)40A(本体内蔵)
電源プラグ / バッテリークリップコードの長さ約1m / 約1m
本体サイズ / 重さ約147(W)×66(H)×210(D)mm
約1.3kg

シガーソケット用ケーブルを接続してみました。コネクタ部は上からネジで止まるタイプになっています。穴を覗くと奥が見えるのでコードだと芯線が切れて中に入ってしまうかも知れません。単線を使うか圧着端子で整えてから接続した方が良さそうです。

 バッテリを接続したときの様子。
無負荷状態のカタログスペックは3.6Wですが、こうやってみるとかなり変動しているようです。平均するとそのくらいかな? 後半ではデスクライトを点けています。
 待機時もそうですが、このくらいの負荷ではファンは回転しません。また、インバーターノイズも殆ど聞こえないので希望通りのスペックです。