2017年1月3日火曜日

日産リーフのバッテリなんていかが?

ここに来て急に身近になった感のあるあるリーフのリチウムイオンバッテリです。

H23年式リーフの物だそうですが、ヤフオクで4枚セットで15K円 !! 破格の値段です。

一枚でこの大きさ。オートモーティブエナジーサプライ社製で、3.75V 32.5Ahのパックが2並列×2直列の状態で入っています。ラジコンの世界でいう2Sバッテリの巨大なものです。
これで500Whと車用鉛バッテリ1個分の容量があります。鉛バッテリの実運用容量が1/3程度であることを考えると3個分の価値があります。

電圧は全て3.95Vでそろっていました。諸元の放電特性を考えると80%程度の充電状態のようです。

これを使って独立系システムを構築するのですが、既存のACインバーターは鉛バッテリ基準のため、なかなか一致しません。

一般的なインバーター諸元から、使えそうなのは24Vシステムで3枚、48Vシステムで6~8枚
12V 10.5~15V
24V 21~30V
48V 42~64V

幸いなことに、最近はリチウムイオン系のシステムが増えたこともあり、メーカーも対応機器を出しています。以下の諸元はCOTEKのSPシリーズですが、
12V 10.5~16V
24V 21~32V
48V 42~64V
12Vシステムで2枚、24Vシステムで3~4枚と選択肢が増えました。最終的にGTIでも活用したいので24Vシステム、リーフバッテリ×4枚構成で決定です。

 ※マニュアルにて上限の1V部分は使ってはいけないことが判明したため修正しました。

まずはバッテリを固定する方法を考える必要があります。折角なのでポータブル蓄電池みたいなものを作ってみたいな。

2017.06追記
20A未満のシステムの場合、上記電圧とかなり乖離しますので表を追記します。
また、48V用インバータによっては使えない可能性の高いエリアを黄色で追記しました。
一般的なインバータ

12V
10.5~15V
24V
21~30V
48V
42~60V

COTECK製インバータ
12V10.5~16V
24V21~32V
48V42~64V
2017.09.02追記
DENRYO製 DC-AC正弦波インバータDIAsine(GD300)  対応表です。電流は20A以下で作成しています。