2017年6月18日日曜日

SUN-1000GTIL2-LCD リミッタ機能を使ってみた 実践編

GTIのリミッタについてはこちらで説明しているのですが、コンセントから手前の実験でした。今回は分電盤に場所を移し実験します。

CTセンサー取り付け自体は、家電向けのCTセンサー取り付けマニュアルでも「お客様自身での取り付けが可能」とありますが、分電盤は危険なので2種電気工事士程度の資格は取得していた方が安心です。

一般家庭への給電は2種類あり、
 単相3線式100ボルト/200ボルト
単相2線式100ボルト
一般家庭では単相3線式が一般的です。

単相3線では、赤と黒でバランスを取るように配線されています。今回は黒側の消費電力が多かったので黒に接続してみました。中央下の青いCTセンサーがGTIのものです。
黒側の電流は2.4A
GTIのコンセントを黒配下のコンセントに接続します。
GTIを起動させると、0.89Aへ
GTI画面上では、GTIから200.8W供給し受電は6.0Wと表示されています。
約80Wの差分はどこへ? 安心してください。交流の場合は力率というのがあって、電流が流れていてもカウントされないものがあります。

試しに、赤側を停止した状態での電力計を確認すると、ほとんど停止しているのが分かります。