2016年11月19日土曜日

SUN-1000GTIL2-LCD リミッタ機能を使ってみた

リミッタ機能をもった機種を購入したのに、分電盤までの工事が面倒で使っていません。折角なので実験環境を作成しテストしてみました。

設定は簡単で、本体の「Limit Mode」と「Internal Limiter」にチェックを入れるだけ。
CTセンサーは本体裏面のInternal端子に接続し、受電側の方端子に取り付けます。
リミッタ機能を有効にすると、AC電圧の下に電力会社から受電している電力が表示されます。

 CTセンサには向きがあって、ここでマイナス表示になる場合は取り付けが反対です。
本来であればCTセンサを反対にするのですが、GTIのコンセントをひっくり返すことによっても同様の効果があります。逆に再取り付けの際は注意が必要です。

※※ 注意 ※※
太陽光パネルではなくバッテリを接続する場合は、負荷を接続し必ずプラス表示になることを確認してください。バッテリを繋いだとたん1000Wまで出力が上がってしまい、バッテリを痛める可能性があります。
 バッテリ対応の場合は、最大放電量を指定できるので最初は低めに設定しましょう。

接続構成は、 

小容量のバッテリなので、負荷は半田コテ(クイック機能で100W程度)に抑え、待機~小電力運用時の動作を確認します。
結果は大成功! 負荷の変動に合わせてGTIから電力を供給出来ています。これによりバッテリを介して独立系とGTIの連携運用が可能になります。

残念ながら今のバッテリでは容量が少ないため、300Wパネルを接続することが出来ませんが、そのうち試してみたいと思います。