2017年6月11日日曜日

【話題】リチウムバッテリ用BMS LLT-S14S301(14S用) 充電テスト

完成した48Vシステムのバッテリ放電後の充電テストです。

前回は専用充電器を使いましたが、今回は充電器はMPT-7210A、太陽光パネルの代わりに電源から30Vを供給し、BMS任せで充電します。
数時間かけて注入した電流は21.32Ah
やっと半分ですが、貴重なデータが取れました。
途中赤線の振れ幅が大きくなっていますが、BMSのバランス機能が働いています。
放電テストでも分かっているのですが、3.84~3.96Vの間で誤差が大きくなり、その後は安定しています。要因がバッテリ特性なのかBMSの誤差なのか一概には言えませんが、バランス開始電圧は4.00Vにした方がよさそうです。

後半戦は21.27Ah。合計で42.59Ah入りました。本当はもう少し入ると思いますが、BMS任せですので、少し余裕を持たせました。
停止後 数分後の実測値で、4.12V×4,4.13V×10となっています。