2017年1月7日土曜日

正弦波インバーター COTEK SP700-124

COTEK製24V仕様の正弦波インバーターです。リーフバッテリを活用した独立システム構築に向け一歩一歩進めています。

700VAと微妙な容量ですが、パソコン向けには十分でしょう。
正面
 ・コンセント2個
 ・ディップスイッチ
   電圧選択 100/110/115/120V
   周波数 50/60Hz
   パワーセービングモード On./Off
 ※ 消費電量が基準値を下回ると電源を停止する機能。隣のトリムで調整しますが、最小でも20W以下で停止してしまうので用途が限られます。
 ・運転状態LED
 ・TRCコネクタ 別売の商用電源切替器 TR40を使用するときに使います。

上面
背面
  ・DC入力
  ・リモートコネクタ 別売のCR-8やCR-16を接続します。
  ・リモートターミナル センサーなどでOn/Offするときに使います。
電源ケーブルですが、GTIで作成したものが使えました。
(ケーブル5.5sq、49A、コネクタ XT60 60A)
マニュアルによるとインラインヒューズ 80A以上なので少し容量不足ですが、バッテリ側ヒューズが15Aなので問題無しです。
バッテリに接続してみたところ、無負荷状態で
 DC電圧 25.37V
 DC電流 0.54A
 DC電力 13.8W
となりました。300Wインバーターの約5Wと比べるとかなり大きいです。太陽光パネル300W程度では割に合わないので利用時のみ使うこととします。

最後にマニュアルを見ていてビックリしたのがこれ、諸元では21~33Vとありましたが実利用では21~32Vに収める必要があります。実際にシステムを組んでみないと何とも言えませんが、ケーブル等による電圧降下で問題ないかもしれません。