2014年6月7日土曜日

梅雨のイメージが変わりつつある?

ここ数年の季節の変わり目が変わったような気がするので調べてみました。

過去のデータは気象庁データベースから簡単に入手することが出来ますので、月ごとの日照時間をグラフにしてみました。6月の日照時間がどんどん増えていることが分かります。

 1980年頃は比較的晴れ間が多かったのは意外でしたが。それよりも気になったのは最近6月と7月の日照時間の逆転現象が出ていることです。6月下旬が日照時間のピークですから太陽光発電には有利な環境になってきています。

地球温暖化や太陽活動周期など大きな力を感じますね。
身近な所では、日本近海の海水温上昇が気になります。みかんや金柑の生育が良いのは間違いなくこれが原因でしょう。