2015年10月4日日曜日

ブログメッセージへの回答 シャープパワコンの外部発電センサはどこに接続すればよいか?

ブログ読者より質問を頂きました。

【質問メッセージ】
 はじめまして。システムの増設拝見させて頂きました。私も只今、太陽光発電の増設工事中なので教えて頂けましたら幸いです。

 既存パネル・パワコンがシャープで4.0kでニチコンの蓄電池7.0k設置しHEMSで見ております。
増設でトリナソーラーのパネルとオムロンのパワコンで8.8kの増設になります。

 そこで問題が生じたのですが、現在のシャープ製のモニターで増設分の発電量も一緒に表示させることは可能なのだろうかと?シャープのコールセンターに確認したところ、モニターがJH-RWL2なのでCTセンサーを付ければ個々や合算の発電量を表示や従来通りに消費や売電が確認できるとの事でした。

 質問事項
  ・CTセンサーの接続方法を教えて頂くことは可能でしょうか?
  ・既存配線が余剰売電の為、住宅内に増設分を引き込んでありますが、増設分の漏電ブレーカーは屋外にあるため、距離があります。

【回答】
太陽光に蓄電池とは羨ましい限りです。宅内に全て引き込んでいるようですので二次側に太陽光、蓄電池両方とも接続されていると仮定して以下のような接続図を考えてみました。


 基本的な考え方としては、
  【1】.シャープパワコンで発電した電力
    → パワコンから直接モニタに送信
  【2】.電力会社からの買電、売電の状況
    → センサ1で測定
  【3】.増設パワコンで発電した電力
    → センサ2で測定
  【4】.自宅消費
    → 【1】【2】【3】から算出

となります。蓄電池がありますのでシャープモニタで表示される消費量とは【自宅消費】+【蓄電池】の合計値が表示されます。

 ニチコンの蓄電池には太陽光発電と連携し動作モードを変更できるようですので、ニチコンのセンサの位置も重要になります。

 
 こちらの考え方も太陽光とほぼ同じで、
【1】.蓄電池からの電力
    → パワコンから直接モニタに送信
  【2】.電力会社からの買電、売電の状況
    → センサ1で測定
  【3】.太陽光で発電した電力
    → センサ2で測定
  【4】.自宅消費
    → 【1】【2】【3】から算出
 
以上想像で書いてみましたが、間違いも多々あると思いますので工務店の方とよく話し合ってみてください。