2015年2月24日火曜日

2015年度太陽光買取価格案が出たけど複雑な感じ

経済産業省から24日に価格案が出ました。

10KW未満
 ・33円
 ・35円(遠隔操作による発電出力抑制装置の設置が義務付けられた地域)

10KW以上
 ・29円 4月~6月末
 ・27円 7月以降

抑制装置の有無で2円違うわけですが、一般的な4KWで計算した場合

 年間発電量 4,000KWh × 2円 × 10年 = 8万円

の補助となり、抑制装置の概算が10万円なので通信費を考えると赤字であることに変わりません。

33円で10年で元をとるKW単価とは

 1KWあたり年間発電量 1,000KWh × 33円 × 10年 = 回収KW単価 33万円

太平洋側であれば年間1,200KWh(回収KW単価39.6万円)くらい出ますが、日本海側では厳しい物があります。

幸いなことに佐渡市には補助金があるので、昨年と同様(KWあたり8万円で上限28万円)ならば3.5KWシステムで41万円まで回収可能ゾーンになります。

まだまだ設置するうまみはあると思います。