2014年3月22日土曜日

太陽光発電を設置する場合、お得なのはどれ? 余剰/全量、10KW未満/以上 編

メーカーシミュレーションはいくら発電して儲かりますって話しかないのですが、基本料の計算をしていないことが多いので、総合的にどうなるかシミュレーションしてみました。

条件は
 発電容量 10KW
 H26年4月以降の売電価格
 従量電灯B 40Aからの変更
 自宅消費する場合は発電量の20%


結果としては全量売電、10KW以上がもっとも儲かります。

実際には、電気代は上がることはあっても下がることはないと思いますし、消費税も上がるかもしれません。

余剰売電も、太陽光を導入することによってピークシフト季節別時間帯別電灯の様な夜間が安いプランを選択出来るようになるのでそんなに悪くないと思います。

どちらにしても、国の補助金が無くなったので10KW未満は選択するメリットはなさそうです。

追記
 当初全量売電の場合も10KVAの契約がいると思っていましたが、電力会社の協議しだいで変わるようです。一般的には定額電灯の小型機器料金が多いようです。

 東北電力:定額電灯契約  小型機器料金 206円(税別)×パワコン台数(2)=412円

 東京電力:定額電灯契約  小型機器料金
 関西電力:定額電灯契約  小型機器料金 or 従量電灯A基本