2018年6月4日月曜日

LEV40 3S SmartBMSシステム 実運用テスト

「3S 80A Smart-BMS(PC USB、Android Bluetooth)」でSmartBMS化し、
LEV40の容量確認してみた」でバッテリ容量も判明したので最終確認してみました。

バッテリはLEV40青ロットCですので、32.6Ah×2で65Ahの容量が期待されます。

先ずは充電。EPSolarのTracerを使って鉛バッテリ設定(シールド)のまま充電してみました。太陽光パネルが使えないので、KX-210L電源で供給し、MPPT後のバッテリ電流は13Aくらい出ていました。

次に放電。写真には入れていませんが、300Wインバータを2個使用しパソコンとモニタに供給してみました。

結果として、約65Ahをインバータで消費することが出来ました。
放電試験が3.2Vで3S 9.6Vに対して、インバータ下限は10.5~10.7Vと乖離があるので、60Ahちょいの予想でしたが、頑張ってくれました。最初測定器の誤差も考えましたが、BMSの値とも概ね合っているので、充電方法の違いで少し多めに入ったのかなと考えています。