2018年6月6日水曜日

EDECOA インバーター 12V 正弦波 1500W 買ってみた

最近3S 12Vシステムにハマっています。なんやかんやで、世の中12V使う人が多いですからね。

今まで300Wタイプしかもっていなかったので、EDECOA インバーター 12V 正弦波 1500W 買ってみました。
 
選定理由はズバリ値段なんですが、液晶表示がカッコよかったのとコントローラが付属するのも魅力でした。

実は本体の電源スイッチは機械的に見えますが、ソフト制御となっており、OFFでもリモコンからONに出来ます。

問題点としては、電圧がなんとAC 110V!!
コンセントのところには AC 100Vと書いてあるんですが、商品名の

「インバーター 12V 正弦波 1500W DC 12V を100V 110V ACへ変換 50Hz/60Hz LCDディスプレイ及びリモコン搭載 ハンドル12v 電源 EDECOA」

ってのが意味深な表記です。

波形を確認すると、正真正銘のAC 110Vであることが分かります。

同じ中国でも、こちらはAC 100Vタイプ。

中身を確認すると、
肝心のトランスがAC110V 1500Wタイプのものが使われています。確信犯です。
液晶側
電源側 ヒューズアレイがいかにも中華な感じ。
まぁ、家電の多くは110Vくらいでは壊れませんし、最近は太陽光発電が普及したおかげで108V付近まで上がっているケースも多いので、気にしすぎる必要は無いと思いますが販売側はもう少し誠実になってもらいたいところです。