2016年1月1日金曜日

ベランダ型太陽光発電所(グリットタイインバーター) 2015年収支報告

ベランダ型太陽光発電所(グリットタイインバーター) 機器構成(2016/01)でシステム価格が確定しましたので、2015年の収支報告をしたいと思います。

支出の部

収入の部

なんと103KWhも発電してくれました。

3~12月の消費電力が2,766KWhですから3.72%は太陽光でカバーできた計算になります。

KW単価 30円で計算しても3,100円なので、ケーブル1組くらいは浮いた計算になります。

パネルを屋外に移動したのは8月なので、年間換算で5,100円程度の経済効果が見込めそうです。
ただ、これでも単純計算で12.5年も掛かってしまいますね。^^;

副次効果としては、太陽光発電を始めると省エネに目覚めるので年間消費はかなり削減されています。

東京電力の電気家計簿によると、
 2014年 3,867KWh 115,970円
 2015年 3,418KWh  99,772円

449KWh 16,198円 の削減となりました。太陽光で103KWh削減してるので、省エネで346KWh削減となります。

太陽光と合わせてHEMSシステムも導入しているのであれですが、思ったよりも早く回収できるかもしれません。