2015年4月18日土曜日

グリットタイインバーター君(SY-GWV-600W) 西面ベランダの確認

 太陽光度も高くなってきてふと思いました。南面ベランダに比べ、西面ベランダは屋根の出っ張りが少なく、もしかしたら南面よりも可能性があるのでは?

ということで実験です。

毎度の南面ベランダ 手すりで陰がいっぱい。建物が若干東を向いていることもあり、夏場は午後から日差しが入らなくなります。暑さ対策にはいいことですが、太陽光発電には辛いところ。

 西面ベランダ 壁なので太陽光にはあまり適していません。ただ、12時過ぎから日差しが入ります。このように設置すれば夢の全面発電環境!! 発電も80Wくらいは出てます。
 ただ、持って一時間程度ですけど (T-T)
 そこで段ボール箱でかさ上げしてみました。床が少し傾斜しているので、西面10°設置くらいでしょうか、

グラフで確認すると、南側ベランダの倍近く発電しています。群馬は強風で有名なのでこのまま設置することは出来ませんが、台座を作れば良い感じに発電してくれそうです。

 今日一日の発電量は過去最高の320Wh。パネル移動という荒技を使った割りには、パネル稼働時間1.6時間と一般的な屋根設置の太陽光発電システムの5~6時間にはほど遠い結果となりました。

 少ない電気ですが、パソコンだけなら2時間くらい使うことが出来ます。自分で作った電気でブログを更新するのもなかなかですよ。