2017年2月5日日曜日

【リーフバッテリを使った独立型システム構築】 セルバランスのメンテ

リーフのリチウムイオンバッテリを活用した独立型太陽光システム構築に向け一歩一歩進めています。

製作記事はこちら

今日はあいにくの曇り空ですが、絶好のメンテ日和です。

メンテに使うのは、ラジコン用の充電器
・Hyperion EOS 0840i 1000W DC バランス 充電/放電器
・e Power Box 50A (50A SWITCHING POWER SUPPLY)

仕様は、
・LiPo/LiFe/HvLi: 1-8 セル
・NiMh/NiCd: 1-20 セル
・Pb: 2-24 セル
・Max 充電電流: 40A
・Max 放電電流: 8A
・Max 充電ワット数: 1000W
・Max 放電ワット数: 80W
・Max セルバランス電流: 800mAh (各セル)
・ユーザーメモリ: 10 battery profiles
・DC 入力電圧: 11-30V

時間さえ気にしなければ、もっと安価な充機器でも可能ですが、手持ちのパーフェクトネオでは今一な結果でした。

昨晩の満充電状態が、
33.55V(4.12、4.13、4.11、4.19、4.23、4.21、4.27、4.27) 97%

GTIで32Vまで放電しメンテ開始。不思議とこの状態では4.01V付近で揃っていました。
どうやら満充電付近でのみ差が出るようです。自分の運用では満充電になることはないので実害はないと思いますが初のメンテなのでしっかり調整したいと思います。

バッテリコネクタとバランスコネクタを充電器に接続し、10Aバランス充電します。性能的には両方とも30Aの能力がありますが、バランス電流が0.8Aなのでこのくらいがベストでしょう。
しばらく様子を見ていましたが一向に縮みません。やはりこのクラスの電池で差分0.16Vを埋めるには0.8Aでは足りないようす。

対策としてS1~3を個別に充電し調整しました。約3Ah注入しています。

再度バランス充電開始。
今度はいい感じに揃ってきました。

なんやかんやで、調整完了です。
 前 33.55V(4.12、4.13、4.11、4.19、4.23、4.21、4.27、4.27) 97%
 後 33.50V(4.19、4.18、4.19、4.17、4.18、4.18、4.19、4.18) 99%

BMSはこんな感じです。点き始めたら満充電ってことでいいみたいです。

折角なのでバッテリの内部抵抗を測定します。劣化すると増えてきますが、多い少ないだけで劣化の判定は出来ません。測定器の精度もあるのであくまで参考にどうぞ