2018年3月17日土曜日

【話題】長州産業 ソラトモ 分解してみた

前回紹介した6.4KWh 蓄電池ユニットは訳アリ商品で電圧が出ません。

さて、分解してみますか・・・・。

ここまでは普通にアクセスできる部分。ブレーカと信号端子、バッテリ出力端子があります。
では、ダークサイドへ入ってみましょう。実はメーカーバッテリの分解記事は殆どありません。自分もこれを購入する際に探しましたが、見つかりませんでした。

需要がないのでしょうが、初めての掲載というのは嬉しいものです。
たとえ、ゴミになったとしても本望です・・・。いや、ダメです。電圧キテクレ!
左下にバッテリからの端子が接続されています。ここに電気が・・・・
キタァーーー!!!
とりあえずゴミは回避です。新品リチウム電池ゲットです。
ここで疑問です。出品者は「過放電で使えなくなった」と説明していましたが、電圧範囲84~117.6Vですから、十分な残量です。もしかしたらショートさせたのかな??

問題のヒューズ
バッテリ一の+側にヒューズが接続されています。2系統あるので2個なのですが、両方とも切れていました。型番はPV-20A10F、20A 1000V、単価3500円もします。

とりあえず注文しますが、気が短いので手持ちのヒューズで代用します。動作確認なのでこれで十分です。
さて動くでしょうか?
電圧でました! インジケータはどうでしょう、
なおったのかな?