2017年9月3日日曜日

SUN-1000GTIL2-WIFI Plug-LCD クラウド設定してみた。

SUN-1000GTIL2-WIFI Plug-LCDのハードの確認が終わったので、クラウド設定してみます。

まずはWiFi Plugの設定から、
・WiFi PlugはWiFiクライアント端末で、GTIからシリアル経由で取得したデータをWiFi-Roter経由でサーバーにアップする装置です。
・この装置自体もWiFiアクセスポイントの機能を持っていて、SSID Xxxxxxxxxに接続して行います。専用アプリとしてiphone用にも用意されていますが、自分はWeb経由で行いました。設定項目はWiFi Plugが接続するWiFi情報と、設定用ログインパスワードの変更の2ヶ所のみです。

設定が完了すると、LEDが赤から緑に変わります。
 次にクラウド設定をします。ShoneMonitor.comにアクセスし、アカウントを作成する必要があります。Register immediatelyからアカウントを作成しますが、この時にWiFi Plugの裏に記載のPN番号が必要です。
 ログインすれば特に設定もなくGTIの情報が見れるようになります。自分が設定したのは機器の名前くらいです。

トップ画面(Plant Profiles)
発電状況(Power Generation Overview)
Real time powerでは5分毎の発電を確認できます。本日の最大は57Wでした。
デバイス接続状況(Device Management)
デバイスの名前を変えたり、バージョンアップとかも出来るようです。
プラント解析(Plant Analysis)
項目は様々ありますが、このGTIではoutput powerしか見れません。
中華には珍しく、iphone-appがありますので出先からも簡単に確認できます。

番外編としてRATOCワットチェッカーで確認するとこうなります。本日の発電量169Wh、消費47Whとなっています。検証用システムとはいえ悲しいです。