2017年7月30日日曜日

SCiBバッテリ 充放電テスト

SCiBバッテリを手に入れたものの、電圧等よくわからない部分が多いので充放電テストをしてみました。幸いメーカーHPに20Ah 2P12Sモジュールの特性はあるので、参考に進めていきます。

【充電準備】
まずはGTIで下限である22Vで放電。公称電圧27.6V、使用電圧範囲18.0~32.4Vですが、メーカーの特性図から、概ね完全放電と言えそうです。
【充電テスト】
40分の休憩後、20Aで充電開始、32.4Vまで充電しました。
なんと42Ahも入りました。CV充電すれば更に1Ah入ると思いますが、充電器の都合で今回はCC充電のみです。2.08V(25V)近辺に節目が確認できます。
20A、0.5C充電なので、メーカー特性図から96%くらいは入っていると考えられます。
【放電テスト】
GTIにて500W放電し、約600W(25.7V、23.7A)消費しています。
2.14V(25.68V)にて出力を維持できず調整が入り、その後も段階的に出力が下がっています。2.0V(24V)を下回るとガクッと落ちます。
 最終的にGTI出力918Wh、効率83.3%から1,100Wh位ありそうです。
CV充電していないことを考えると上出来です。


【まとめ】
使用範囲は25.0~32.4V、余裕をみて26V付近までで使うのが良さそうです。偶然かもしれませんが、一般的なリチウムイオン電池換算で3.25Vなので8Sと置き換えできます。
この落ちる電圧が種類によって微妙に異なるのですが、より広く設定できるのでパーセント表示はやりやすそうです。