2014年2月20日木曜日

外部センサーの無い状態で発電するとこうなる。

 本日から2号機(ソーラーフロンティア)が稼動しました。正確には昨日からですが、天気も悪く発電を確認できるレベルではありませんでした。

 今日もあいにくの曇り空ですが、時折日が差していたようです。あいかわらずパネルには一部雪がかかっているため、発電量は少ないままです。変な形で凍ったようで、ふだんならすぐ落ちてくる雪がそのまま残っています。(T-T)

 WEBモニタリングシステムの画面はこちらです。外部発電用のセンサーがついていないので、正確に確認することは出来ません。発電量よりも売電量が多くなっています。

  売電量(4.8kWh)-発電量(2.3kWh)=2号機の売電量(2.5kWh)

  これに2号機の自宅消費分を入れれば良いのですが、これは確認する方法はありません。
しばらくはこのままの運用となりますが、自宅消費分は少ないので0として考えたいと思います。