2015年9月5日土曜日

クランプテスタで太陽電池パネルの電流を測定してみた(STRAIGHT AC/DCデジタルクランプメーター 15-147)

太陽光パネルの電流測定がしたくて購入してみました。パワー計でも計れるのですが、複数経路あると接続が大変ですし、色々な所を調べたいときはクランプ方式のものが楽ちんです。

 今回購入したのはこちらです。クランプでは電流を、テストリードを付けると電圧や抵抗、温度を測定できます。
小型のものが欲しかったのですが、実物でみると少し厚みが気になります。

太陽光パネルを3組並列に接続しているので逆流しているか気になっていました。
測定結果は
 1: 3.18A
 2: 2.37A
 3: 0.77A
 4: 0.06A
 5: 0.64A
逆流している場所ではマイナス表示になるのですが、問題ありませんでした。

GTIの制御電圧は30Vに収束しているので、それぞれのパネルでは
 200Wパネル  95.4W
 50Wパネル-1   1.8W
 50Wパネル-2 19.2W
天候や設置条件が悪いので出力が悪いのは理解できるのですが、50Wパネル-1は明らかに異常です。
接続を外し解放電圧を測定すると、
 異常パネル 39.9V
 正常パネル 40.2V
であり、そんなに違いはありません。

単独でGTIに接続してみましたが、やっぱり傾向は変わらず。う~ん、どうしよう。